ソングライティングセラピー作詞教室 受講会員募集中! 

ソングライティングセラピー作詞教室では現在、受講生を募集しています。
講師のスケジュール上、限定数での募集になります。
ご興味ございましたらメールフォームよりお問い合わせ、
またはご入会希望の旨を送信してください。

オンラインスクール

作詞家が歌詞の書き方を教えます

Lesson 2 歌詞の書き方を教えますー好きという才能ー

ミュージックフリークス 作詞をしてみたい。作詞を上達したい。 作詞家が歌詞の書き方教えます#3 作詞をするのであれば音楽が大好きであることをお届けします。 リスナーの心に響く歌を書きたい。 あなたは音楽が好きだから自分も作詞が上手になりたい。 そうしてこの文章を読んでいただけているのだと思います。 それでも、実際に作詞をしてみたいという方の書いた歌詞を拝見すると多くの場合、歌としての形式をなしていません。 つまり、Aメロ、Bメロ、サビで1ブロックとしての1コーラス、2コーラス...
作詞家が歌詞の書き方を教えます

Lesson 4 歌詞の書き方を教えますー楽曲の構成要素ー

楽曲の構成要素 ここまで3回にわたって歌詞を書く際の心構えについてお話ししてきました。 今回は初歩中の初歩。歌詞を書く際の歌としての楽曲要素についてお話しします。 #4楽曲の構成要素 世の中にはプレーンでベーシックな構成の歌。サビだけで構成された歌。ソネット様式、5行詞など、 歌のジャンルによって、様々な構成要素が存在しています。 今回はシンプルにJ-POP、歌謡曲の世界で一番よく歌われている楽曲群の構成要素についてお話しします。 小学校中学校で音楽の授業を普通に学んでいたな...
作詞家が歌詞の書き方を教えます

Lesson 5 歌詞の書き方を教えますー詞先か曲先かー

ソングライティングの先頭ランナー 作詞には大きく分けて2種類の進行方法があります。 歌詞の書き方を教えます#5 詞先か曲先か 演歌などで多いのは、歌詞を先に書いてから作曲家、または制作現場、プロデューサーなどに提出する詞先。 この場合、作曲家は作詞家から受け取った歌詞を元に作曲を行います。 J-POP、ダンスミュージック、HIP HOP、CHILLい音楽などの場合に多いのは曲先・メロ先と言って、 作曲家がほぼ完パケ状態のデモアレンジまで施された音源を渡され、作詞家が音楽にふさ...
作詞家が歌詞の書き方を教えます

Lesson 6 歌詞の書き方を教えます 歌詞のセンテンス

手紙と詩と歌の歌詞 これは作詞のテクニックの部分になりますが、ぼくが作詞を教える際に最初に伝える内容。 歌詞のセンテンスについて、このページでお話しします。 Lesson 6 歌詞の書き方を教えます 歌詞のセンテンス 歌を書きなれていない方々は、多くの場合、手紙、または詩のような歌詞を書いて提出します。 手紙、詩のような歌詞がまちがっているということではないのですが、歌詞は音楽を構成する言葉であり、それは読まれる場合もあれば、耳から届くこともあれば、口で歌うこともあれば、身体...
ソングライティングセラピー

オープニングメッセージ

文通式、ビデオ通話式をお選びいただけるオンライン作詞教室です。 実践的に25年活動、今尚、作品を発表し続けている作詞家 Makoto ATOZIが直接あなたに歌詞の書き方を教えます。
オンライン作詞講座日程

2024年5月ご入会のお申し込みは11日(土曜)まで受け入れています。

2024年5月、6月度ご入会申し込みご希望の皆様へ ソングライティングセラピー作詞教室は基本的に毎月生徒さんからのメール3通による課題提出と講師からの3通のアドバイスシート+2通の講師からのボイスメッセージ、そして細かな理解を促進のための適度な文通メールで成り立っています。 5月から始めたいという方々は、現在からの場合、課題に向き合う日数が少なくなりますが、それでも早めに受講してみたいという場合は、11日までのご入会で、5月中からのご受講もお受けしています。 11日までにお申...
ソングライティングセラピー

歌が生まれるとき

感情の動きが言葉になり、沸き上がる衝動が物語を彩る 歌が生まれるとき。それはどのようなときなのでしょう。 ぼくが平井堅「楽園」の歌詞を書いたとき、 それは最高の運気に導かれある仕事で成功しつつありながら、 絶望のどん底に突き落とされ何もかもを失ったと感じた季節のことでした。 心の琴線に響く歌 心の琴線を響かせるような歌を書きたければ、もちろん冷めた気持ちで書けるはずなんてありません。 絶望的な失恋の悲しみがあるから、 失恋の最中にいる人の心を救うことのできるような歌を書くこと...
Slider

ソングライティングセラピー作詞教室のシステム

ソングライティングセラピー作詞教室の1ヶ月のレッスン内容 毎月、3回×3回の往復メールPlus 講師から2回のボイスメッセージ。 以上が1ヶ月のレッスン内容になります。 メール提出のタイミングは生徒さんにお任せします。 ただし、講師からの3回目月末のご返信メール、Plusボイスメッセージが、 月内に送信できますようスケジュールを組んでいただきます。 翌月分ご受講料をお支払いただいている場合は、 ご受講月よりも早くご提出していただいてもOK! 毎月 月初めに、ご提出いただくのは...