ソングライティングセラピー作詞教室 受講会員募集中! 

ソングライティングセラピー作詞教室では現在、受講生を募集しています。
講師のスケジュール上、限定数での募集になります。
ご興味ございましたらメールフォームよりお問い合わせ、
またはご入会希望の旨を送信してください。

Lesson 5 歌詞の書き方を教えますー詞先か曲先かー

ソングライティングの先頭ランナー

作詞には大きく分けて2種類の進行方法があります。

歌詞の書き方を教えます#5 詞先か曲先か

演歌などで多いのは、歌詞を先に書いてから作曲家、または制作現場、プロデューサーなどに提出する詞先。

この場合、作曲家は作詞家から受け取った歌詞を元に作曲を行います。

J-POP、ダンスミュージック、HIP HOP、CHILLい音楽などの場合に多いのは曲先・メロ先と言って、

作曲家がほぼ完パケ状態のデモアレンジまで施された音源を渡され、作詞家が音楽にふさわしい歌詞を書くという方法。

 

当たり前ながら、詞先の制作はどちらかといえば、歌詞を重要視していて、曲先の場合は音楽としてのメロディー・リズムの心地よさ、歌として成立した時の高揚感などを重要視します。

 

作詞講座・作詞教室 ソングライティングセラピー Makoto ATOZI

詞先だからできる世界観

現在の音楽制作現場では、多くの場合曲先で進行しますが、どちらの制作方法が良いということは一概には言えず、たとえ詞先であったとしても、作詞家が音楽的要素を重視して歌詞を書くことができるのであれば、より深みのある音楽が生まれるということも実際起こります。

 

ぼくが今まで書いてきた歌の中でも、演歌だけではなくJ-POPでも詞先で提出した歌もあります。

これはこの歌がそうなんだよ、とお教えしなければきっと、歌を聴いただけではリスナーはわからないと思います。

それほどまでに音楽と歌詞が溶け合っている歌であり、ぼくも頑張りましたが、作曲家のプロフェッショナルなクリエイテイブの結果なのだと思います。

 

ソングライティングセラピー作詞教室では、基本的に詞先での書き方をお教えしています。

現在も、演歌・歌謡曲を書ける作家を探している現場は多いようです。

実際入り込むとなると、もちろん、そんなに簡単なことではなくて、才能、実力、運の力と、様々な要因が昇華されてこそのことではありますが、詞先での書き方を完全にマスターすることで、はじめて曲先でのメロウな言葉のフローなどを自分の力にすることができます。

 

作詞講座・作詞教室 ソングライティングセラピー あとじまこと

1音1音を大切に

たとえば、1コーラスのAメロで「改札の前で君に手を振った」というフレーズがあったとします。

この場合、譜割りを数字または○で表示すると、

「53 3 23」

「○○○○○   ○○○    ○○○       ○○          ○○○」

「改札の前で 君に 手を 振った」

となります。

2コーラスの同じセクションでたとえば

「○○○○○        ○○○    ○○○○    ○○     ○○○」

「こんなにも胸が苦しくなるなんて」と書くと、

メロディーとしては全く合わせられていないわけです。

 

そうすると作曲家さんはとても困ってしまいます。

あまりにも多くこのようなことがあると、制作への侮辱にもなってしまいます。

歌は手紙ではなくて音楽であるということをよくよく理解したならば、

言葉は譜面になるものであるということを前提に書く、1音1音に向けての丁寧さを求められます。

 

作詞講座・作詞教室 ソングライティングセラピー あとじまこと

作詞家を名乗りたいのなら

作詞家というのは不思議な肩書きで、あなたも今日から名刺に作詞家と書いたなら、作詞家になることはできてしまうのかもしれません。作詞家には資格はありません。

唯一、資格のようなものがあるとすれば、今までに楽曲がリリースされたことがあるか。

ヒット曲を書いたことがあるか。レコーディングの経験があるか。

それとぼくも正会員なのですが、日本音楽著作権協会の正会員であるかどうか。

日本音楽著作権協会の場合は正会員であるためにある一定のラインがあります。

 

これらのハードルは高いと言えば高いものではありますが、実際、今までに一度も歌がリリースされたことがないのに名刺に作詞家と印字されている方々に、ぼくは何度かお会いしたことがあります。

その場合、せめて、手紙のような歌ではなく、音楽としての歌詞を書く知識をしっかりとご自身のものとしていてほしいものだなと思っています。

 

作詞講座・作詞教室 ソングライティングセラピー

苦しくも喜びある道のり

歌を書く。これはとても苦しい作業です。

自分の人生と思想を切り売りするような作業でもありますから、当たり前のこと。

それでも、苦しみの先には喜びもあります。

自分が書いた歌で救われたという人々に出会うこともあります。

今はインターネットでレビューなども見ることができるので、

そこには自分が書いた歌への評価が連ねられます。

自分のしてきたことがどのようなことだったのか。

それをインターネット上でリアルに見ることもできる。

もちろん称賛の声ばかりではなく、批判、中傷なども時にはありますが、それは今の時代特有のクリエリターであれば通らねばならぬ道。歌を愛してくださっている方々の存在があるというこのことの方が、批判、中傷などを吹き飛ばしてしまい、作詞家としての生きていくための力になります。

 

時代は変わりました。

これからはまた人々は優しさの歌を求めています。

皆、癒されたいのです。

 

一緒に歌について、音楽について、人生について、考えてみましょう。

作詞家人生25年。

得てきたこと、学んできたこと、体験してきたことをあなたとシェアします。

 

良き人生でありますように。

 

Makoto ATOZI