スピリチュアルエナジー

スピリチュアルエナジー

歴史的背景と文化を歌にするということ 作詞と倫理 

作詞と倫理エンターティメントの限界はどこに 昨今、歌の内容が歴史的背景、文化への理解に欠けているということからタイアップから降ろされたり、発売が中止になったりというニュースをよく目にするようになった。 昔であれば、何のことなくヒット曲にまでなったような楽曲も、2024年の世界で再発売するとなるとこれはまずいだろうということは多くある。 よく発売できたものだという歌、日本には沢山ある。 そして文化面から見た倫理観は国により大きく異なる。 八百万の神、日本にある独...
スピリチュアルエナジー

シンプルなラブソング

悟りを歌にするアーティストたち 僕もその一派であると思うのですが、最近は裏テーマに悟りを描いた歌が多い。 あとは、強い女性側から情けない男性へのラヴメッセージソング。 昭和の時代の歌謡曲はもっとシンプルだった。 神話的な要素はあまり歌に持ち込むこともなく、男女の心の機微だけが描かれていたことが多かったように感じています。 現代は情報も多く、昔であればまやかしとされたようなこともまことしやかに真実として語られていることもある時代。 歌の世界観もずいぶん様相を変えてきましたね。 ...
Blog

射手座満月 心豊かであるように

今夜は射手座満月。 ぼくの生まれ星座。 先ほどまで今日アップするブログを書き上げていたのですが、読み返してみると小難しくて、新しく書くことにしてみました。 様々な人々が、様々なことを胸に抱えながら、今このときを生きている。 ぼくが若かった頃に比べれば、例えば新月満月、それに対応するアファメーション、量子力学など、あらゆる情報量が日々増え続けている時代。 取捨選択する情報はあふれている。 それは一面では良いことでもありながら、知識ばかりが増えてしまい、左脳的に、頭で考えてしまい...
スピリチュアルエナジー

スピリチュアル、占いについての雑感

目には見えない世界のこと 作詞家になりたかった頃、また、2000年に作詞家としてのキャリア(そんなに大げさなものではないのですが・・・)をスタートしてからは、更なる発展のためにも、スピリチュアル、成功法則、占いなどに傾倒する傾向が自分にはありました。 今もないとは言えなくて、人から見ればかなりスピリチュアリズムな思想家であり、 一般的な感覚とは異なる自然観、世界観を観ていると自分では感じています。 多くの音楽制作に関わらせていただき、今もまだ細々とではありながら、歌を書く機会...
Blog

音楽と波動

インストゥルメンタルに癒しを求めて 一説によると読書などするときは駅・カフェなど雑音の多い場所の方が集中力が高まるのだという。 ぼくはといえば読書をするとき、またはブログを書くとき、雑音のない場所を好む。 音楽が必要と思うときは、インストゥルメンタル。ヒーリングミュージックなどを流している。 インスタグラムで若手の音楽を探すのが楽しみ。 テクニックに関しては実に素晴らしい。 どうすればこの若さでこれだけの技巧を身につけることができるのだろうと不思議に思う。 それでも、このイン...
スピリチュアルエナジー

瞑想と音楽とヨガ哲学

ミュージシャンは内観へ向かう インド哲学・瞑想に傾倒したアーティスト・偉人・ラッパー・成功者はとても多い。 ジョン・レノン、スティーブ・ジョブズ、多くのクリエイター、実業家、成功者が自身のクリエイテイブをより強固にするために人生に瞑想を取り入れてきました。 正式なヴェーダの流れを汲む思想、ヨーガ哲学、キリスト教までもを包括した精神神秘哲学、信仰する道はそれぞれ違えども、音楽・アート・科学の発展のために瞑想・神を思う・愛することが必要であると多くのミュージシャンは気づいた。 思...
スピリチュアルエナジー

芸術家・文豪と精神疾患の関係

心の中に闇があるからこそ描き出せる世界観もある 太宰治、芥川龍之介、アインシュタイン、モーツアルト、ジョンレノン、スティーブ・ジョブズetc... 偉大なことを成した文豪、芸術家、実業家には精神的な個性の強い人が多い。 精神的な病名をつけられ公表してきたアーティストも多く、成功の度合いが高いほどに、それらの伝説も極端に残されている。 実際に統合失調症、双極性障害、ADHD、HSP、発達障害と、様々な精神的症状に追い詰められながら表現者として生きている方々は多数存在していますし...
Slider

音楽とスピリチュアル

スピリチュアル・神秘主義に心惹かれるミュージシャンの性。 2000年 平井堅『楽園』の歌詞を書かせていただいた時代、 この楽曲をスピリチュアル主義として感じていた人は多く。 世紀末世界のような空気感。 モノクロセピアなミュージックビデオのラストに舞う2枚、真紅の花弁。 平井堅演じる天使?命の最後を独りで生きる老年男性。 全体を通して漂っている寂しさ、孤独感、優しさ。 ぼくのもとに来る作詞のオファーも、 「スピリチュアルな世界観で書いてください」ということもあれば、 「あまりス...